スクーリングで先生の授業を間近で受ける事が出来る

授業を間近で受ける事で学習効率が高くなる

通信制大学では、レポート学習・オンデマンド学習などがありますが、対面での学習ではないので、緊張感を長時間維持し続けることが難しい人はいるかもしれません。スクーリングでは、大学を代表する様な教授や准教授などが大学で通常行っている様な、講義を受けて学ぶことになります。そのため、緊張感が維持することができやすく、他の学習スタイルより学習効率が高くなることが期待できます。通信制大学での勉強は、孤独との戦いで、孤独に負けて勉強を中断してしまうことも少なくないと思います。スクーリングで感じた教授や准教授から感じた迫力は、自宅での学習に刺激を与えて、通信制大学の勉強を継続させることに、大きく寄与するのではないでしょうか。

すぐに聞くことができる!

大学によりますが、通信制大学は学生が学習の際に分からなかったことを解消するために、質問票など質問できる様になっています。その場合の質問は郵便などで行うことになりますが、質問してから回答がくるまで1週間以上かかることも珍しくありません。分からないことを専門書を新たに購入して調べることはできますが、疑問点を解消するために時間が多くかかることもあります。スクーリングでは、講義の終わりの方に学生から質問を受けるための時間を設けていることが、少なくありません。教授や准教授などは、講義と講義の間にも教室に残って学生の質問に応じる様な態勢をつくってくれている人もいます。そのため、スクーリングを受けて分からなかったことを、その場ですぐに聞くことができやすいです。すぐに聞けることができるので、学習が進みやすくなります。

国語の教員免許を通信制大学で取得することは可能です。多くの通信制大学で募集していますので、調べてみましょう。なお、単位取得には科目履修試験、スクーリング、そして実習と卒論が必要です。